0歳 2ヶ月 楽しみが出てきた日々 ^^

2014-03-09

0歳 2ヶ月 楽しみが出てきた日々 ^^

0歳2ヶ月。目が見えて、じっと私を見てくれる。もうこれだけで幸せ絶頂! あーとか、うーとか喃語も話はじめ、声をたてて笑う練習までし出して、どんどん大きくなるちーちゃんにメロメロになりはじめたころです。まだまだ不安なことは多かったけど、それでも0ヶ月1ヶ月に比べて、育児をずいぶん楽しめるようになりました。

なお、育児中、いろいろ情報をあさっていて、よく参考にさせていただいていたサイトは以下のところです。

このころのちーちゃん

唾液がいっぱい出始めたのがこのころで、カニのように、口はいつも、あわあわでした。その様子から

愛称は、かにちゃん by お父さん

かにちゃん ちーちゃん

ちなみに私は違う呼び名でした。バウンサーにのっけては、ガーゼを頭にのせ、

愛称は、ビバノンノ by お母さん

8時だよ全員集合で育った世代としては、やらずにはいられない、いたずらです^^;

こんなふうに両親に好き勝手にあだ名されていたちーちゃん。そんな彼女の顔を見るだけで、一日一日成長していく姿が愛らしい! 目で追う、表情が豊かになり、声をだし、声をたてて笑うようになる。ベッドメリーに興味津々で、ONにすると、もうご機嫌!足の力も強くなり、2ヶ月終わりには、お布団をけっ飛ばし、やりたい放題でした。

ちなみに、寝相は、旦那そっくり。顔も旦那そっくり。月齢が進んでも、相変わらず、旦那似のちーちゃんです。

あっかんべー   似た者親子
あっかんべー   似た者親子
ちーちゃん 基本データ

このころのお母さんの思い出

縦抱き大好きちーちゃん

首がけっこうしっかりしてきて、縦抱きをするとご機嫌になりました。首が座っていないから私はけっこうこわごわだったんですが、当のちーちゃんは縦抱きしろと、赤ちゃん横抱っこをしてるとぐずり全開でした。

そんなころ、旦那が発見したのが、

ちーちゃん抱っこ

やり方は、まず私がソファーの上で体育座りをします。そこにちーちゃんを乗っけます。ちーちゃんは私の足に背中をつけて、私と対面するといいった感じです。今まで天井しか見えなかった視界が、奥行きのある風景を見れて、本人はとってもご機嫌になりました。ただ怖いのは、いつも誰もいないところに向かって微笑んでいたり、ちょっと怖がった素振りをみせること。誰かいるんでしょうか….. ^^; 

お目めが見えるよ

はっきりと動くものを目で追うようになり、ベッドメリーがめちゃくちゃ活躍しだすのもこのころ。ちょっとぐずっていても、これさえつければケロッとする….ことが多いので、よくつけていました。メリーに興味津々で、ガラガラはどうかなっと無理やりもたせてみたけど、こちらはメリーほどの興味はないようで、あまり握ってくれませんでした。このころの、一人遊びといえば、ベスト オブ メリー!

いないいないばーも試してみたけど、こちらもあまり反応なし。メリーだけが大好きなちーちゃんでした。

お目めが見えるから、お母さんとの会話もはずむ

声も出てきて、あーうー、とおしゃべりしては、じっとこちらをみてくれる。嬉しくて、同じく、あーうーと返してあげると、ちーちゃんもうれしくて、エンドレス♪ 表情も出てきたなっと思っていたら、声をたてて笑う練習と思えるような声を出してる日もあり、毎日が本当に楽しかったです。日に日に、ぐんぐん表情を出てくるんですから! ただ、笑顔が多くなったと同時に、泣き出すと手が付けられないくなってきたのも事実です。良くも悪くも、表情豊か!

まだまだ眠ってることも多いし、特に私に抱っこされながら寝るのが大好き(ママ布団、と呼んでいる)なちーちゃんだけど、起きてるときは、小さな発見を届けてくれました。

お出かけ開始

今までは検診くらいしかお出かけしませんでしたが、ぼちぼちお出かけしはじめたのも2ヶ月からです。最初は義母の三回忌の法要。前日の大雪の中、ちーちゃんは、はじめての家族の公式行事デビューを立派に果たしました。そのあとは自治体の「2ヶ月ママの会」、産院の「赤ちゃん同窓会」、そして生後81日目には、成田山に安産のお礼参りに一緒に車で出かけるという、ちょっと長めのお出かけにも挑戦! どれも、ぐずりもせず

さすがこの子は外面がいい!?

と、私たち夫婦に知らしめたほどの、愛想のよさ、ご機嫌さでした。車の揺れも好きみたいんで、いつもぐっすり眠ってくれました。

予防接種開始!?

そしてこの時期の、ちーちゃんにとっての大事件が、予防接種の開始!? はじめての経験で、いっきに4本接種(3本注射、1本飲み薬)からだったから、本人もさぞ大変だったと思います。

接種したその日は、注射をみてもケロッとしてたけど、いざ打たれると、火をつけたように泣く。1本終わると泣き止んで、まだ何もなかったようにしてるんだけど、注射の針が刺さると泣く。まだ知恵がついていないので、注射をみても恐怖心はないのが、しみじみみててわかりました。

その日は帰り道、私が心配になるほどぐったりで、家に戻ってからは、とにかく私に甘えてきました。帰り道のあまりのおとなしさに心配し通しだったので、甘えてくれたことに、すごく安心したのを覚えています。いっぱい、ぎゅっと抱っこしてあげました。翌日も、機能の疲れなのか、よく眠っていましたが、ミルクの飲みも機嫌も悪くなく、注射に耐えた格好いいちーちゃんに、お母さんはメロメロになりました。

<< 0歳 1ヶ月 まだまだ不安の多い日々   0歳 3ヶ月 新たな火種登場 >>
[`evernote` not found]


Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.

自分で撮った写真とアフィリエイトの写真が混在しています。
写真がクリックできるものがアフィリエイトです。